トップアイコン
メイン

Snow melting machine maintenance融雪機メンテナンス

What is maintenance?メンテナンスとは?

より長く快適にご使用いただく為に、点検・整備を行うことです。シーズン前(秋)は混み合うことがありますので、お早めにご連絡ください。

Maintenance details and feesメンテナンスの内容・料金

メンテナンスの内容下の写真はフルメンテナンスの内容です

  • STEP1

    水を抜き、ゴミや泥などを取り除く。

  • STEP2

    さび等を取り除き、防錆・耐熱塗料で保護する。

  • STEP3

    バーナーの燃焼状態を点検。異常があれば、調整・部品交換を行い、初期の性能に戻す。

  • STEP4

    送油管の点検を行い、燃料漏れなどを点検する。

メンテナンスの料金

ホームタイプHT600の場合(他の機種はお問い合わせください)

フルメンテナンス

¥28,600(税別)
(本体の清掃及び塗装 + バーナー整備)

バーナー整備のみ

¥13,200(税別)
(調整・点検・部品清掃)

部品交換について

メンテナンスの際、部品交換が必要な場合は別途有料となります。

Maintenance needsメンテナンスの必要性

ストーブは定期点検しますよね。融雪機も同じです。長期間使用しなかったり、一定期間を過ぎたら、トラブルを 防ぎ、長く快適にご使用していただくためにメンテナンスを行いましょう。
メンテナンスを行わないで使用していると、次のようなことが考えれらます。

本体

亜鉛メッキ板を使用していますが、傷や汚れ等が付着すると、さびが発生し腐食しやすくなります。

炉体

耐熱塗料などで保護していますが、使用していると耐熱塗料が溶けてさびやすくなります。

バーナー

通常の燃料器具(ストーブなど)よりも条件の悪いなかでの使用となりますので、メンテナンスをせずに長期間使用していると故障が発生しやすくなります。

燃料関係

送油管に使用しているパッキンやゴムホースなどは、長期間の使用で劣化し、燃料漏れなどが発生する場合があります。

Snow melting machines by typeタイプ別融雪機